お茶

善玉菌の詳細について

腸内には腸内細菌というものがあり、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」」と3種類あります。

健康な人であれば善玉菌が20%、悪玉菌が10%、残りの日和見菌が70%になります。
便秘になったり、下痢になったり腸内サイクルが変わると、日和見菌が読んで字のごとくどっちに付くか考えます。
善玉菌が優勢だ!と思えば日和見菌は善玉菌になりますし、悪玉菌が優勢だ!と思えば悪玉菌になります。
ですので、腸内サイクルを正常に保ち便秘になりたくないのであれば、この日和見菌を味方につけるしかないのです。

日和見菌を善玉菌に変えるには、腸に良い物を与え善玉菌を優勢にすることです。
最近では生きたまま腸に届く乳酸菌などもありますが、日本古来の和食を中心にし、動物性乳酸菌であるヨーグルトなどを食べるだけで善玉菌は摂取することが可能です。
(植物性乳酸菌は漬物などから摂れます)

善玉菌を増やすのには発酵食品がとても良いとされています。
発酵食品とは、漬物や納豆、味噌醤油、チーズ、ヨーグルトなどです。
酸っぱい漬物ってありますよね、それは植物性乳酸菌が多くなってしまって酸っぱくなってしまったのです。
この酸っぱくなってしまった漬物こそ善玉菌である植物性乳酸菌が豊富に含まれている証拠です。
日本古来の食生活をして、便秘解消しましょう。

このページの先頭へ