お茶

便秘を運動で対応する方法

食生活も改善して水も適度に飲んでいるのに便秘になってしまうってことありませんか?
それは、弛緩性便秘症というものです。
よく高齢者の方や長期療養者、産後の女性などがなります。
最近では若い人でも筋力不足でなったりします。

なぜ若い人で筋力不足になってしまうのか?というと、
ダイエットなどで食事だけで痩せようとするからです。(特に女性に多いですね)
食事だけで痩せなければいけないのは高体重の方だけです。
高体重の方はある程度体重を落としてから運動しないと膝や心臓に負担がかかるので最初に食生活で体重を落としそれから運動します。
でも高体重の人って筋肉あるんですよ。自分を支えないといけませんからね。

ダイエットをするのであれば、最初は食生活の改善+無酸素運動をして、筋肉をつけてその後有酸素運動に移行するほうが効率がいいでしょう。
こうして筋力をつけると、排便時の腹圧を素早く上げることができるので、便秘解消に一役買ってくれます。
また、今日やるぞ~という感じよりも、気が付いたときにこまめに運動するのがいいでしょう。
家事なんかは思ったより重労働ですから、筋力トレーニングと思ってやると良いかもしれませんね。
TVを見ながら足の上げ下げだけでも十分効果があると思いますよ。

このページの先頭へ