お茶

便秘解消方法の種類を紹介

便秘にもいろいろな性質のものがあり、その性質にあった方法で行わないと便秘解消されません。
まず、どんな種類があるのかというと、「急性便秘」「慢性便秘」「医原性便秘」「器質性便秘」の4種類があります。
「急性便秘」とは、一時的に起こるもののことです。
食事や水分不足、ストレス、ダイエットなどが原因で起こります。
これは、食生活を正し、食物繊維の多いものを摂取するようにし、水分などを多めにとることを心がけるといいでしょう。

「慢性便秘」は、タイプが3つあり「弛緩性「痙攣性」「直腸性」があります。
「弛緩性」は大腸の蠕動運動が弱くなったり筋力が弱くなったりして起こり特に高齢者や女性に多いです。
弛緩性便秘の解消方法は、腹筋をつけることです。

「痙攣性」は自律神経が乱れて腸が痙攣を起こし便の通りが悪くなって起きます。
下痢と便秘を繰り返したりします。
解消方法は、生活改善をし漢方薬などで自律神経の乱れを治すことです。

「直腸性」は便が直腸まで運ばれているのに便意が脳に伝わらないために起こります。
便意を我慢しすぎたり、浣腸など乱用すると起こります。
解消方法はとにかく便意を我慢しないことです。あとは、便意が起こりやすい状態を探すことです。
直腸性便秘の解消法は、毎日トイレの時間を設けることです。

「医原性」と「器質性」はの副作用だったり大腸の疾患が原因で起こるものですので医師に相談してください。
自分で便秘解消できるようにしたいですね。
また自然にヨガで便秘解消をするのが一番良いでしょう。

このページの先頭へ