お茶

便秘解消に大切なお茶

便秘解消にお茶を取り入れるのはよくありますよね。
でも、いろいろな種類があってどれがいいのかすごく悩んでしまいませんか?
自分に合うものを見つけ出すのは中々難しいのではないでしょうか?
まず、便秘解消のお茶の中でも、お茶に下剤成分が入っているものはやめておいたほうが無難です。
下剤成分が入っていると、飲んでいるうちに慣れが生じてしまい、以前より便秘がひどくなっていたなんでこともあります。
でも、パッケージを見ただけで下剤成分が入っているかどうかなんてわかりませんよね。そんな時は、パッケージの注意書きに気を付けてみてください。そこに「妊婦および授乳中の方は飲まないでください」と書いてあれば下剤成分が入っているものと思いましょう。下剤成分が原因で流産してしまう可能性があるので注意書きをしています。

ですので、妊婦でも大丈夫なものは下剤成分が入っていないものですので、慣れを恐れずに安心して飲めます。急におなかが痛くなることもありません。

お茶の種類でいうと、ルイボスティ茶、プーアール茶、杜仲茶、マテ茶、などは妊娠中の便秘にも効果的だと思います。
妊娠中でない場合は上記のお茶の種類にプラスしてカテキンが豊富なお茶もおすすめです。
カフェインが入っているものは利尿作用があるのであまりおすすめできません。

便秘解消として、水ばかり飲むのも飽きますから、いろいろなお茶を飲んでみて水分補給するのもいいですね。

このページの先頭へ